■通常トーナメント
漆式(17段)

↓攻略動画はコチラ↓



◆攻略ポイント
魔法使いと黒猫のウィズ 通常トーナメント 漆式(17段)攻略 魔法使いと黒猫のウィズ 通常トーナメント 漆式(17段)攻略
魔法使いと黒猫のウィズ 通常トーナメント 漆式(17段)攻略 魔法使いと黒猫のウィズ 通常トーナメント 漆式(17段)攻略
(ポイント)
●推奨属性は雷か水。しかし、不利属性の敵も多数登場するため、全属性に打点の出せるデッキ構成で臨むのがベスト。

●初速の出る精霊を起用して、いかに1戦目を1T抜けできるかが入賞のカギを握っている。

●3戦目は中がダメブロ(15000)を貼ってくる。これを突破できる攻撃手段を用意しておきたい。

●4戦目の右が多層バリア(5)を貼ってくる。1T抜けには連撃スキルが必須とも言える。
魔法使いと黒猫のウィズ 漆式(17段)攻略
(ポイント)
●左が火属性吸収とバリアウォール(10万)、右が水属性吸収、中がダメブロ(3万)を貼ってくる。特に、属性吸収に引っかからないようにタゲをしないとクリアターン数が伸びる危険性あり。

●左右は、他が1体倒れるとスキルディスチャージ(全)を使ってくる。3体同時撃破が難しい場合は、どれか1体倒す前に必要なスキルを使っておくか、「サルヴァトル結晶」などを有効活用したい。

●中は、闇属性なうえにHPが120万と通常攻撃ではなかなか倒し切るのが厳しい。闇属性に効果的な特攻SS攻撃などをうまく活用しよう。

●中は、他が2体倒れると全属性吸収(2T)を使ってくる。これを使われると必然的に2T以上クリアターン数が伸びるため、中は確実に先に倒しておく必要がある。 。

◆攻略デッキ
魔法使いと黒猫のウィズ 漆式(17段)攻略
※動画内とは潜在結晶の位置が異なりますが下記が正式版になります。

※限定1+配布4のデッキ構成

【クリアターン】6ターン(稀に乱数で7T)
【精霊】
1.ラディーヌ(闇のチョコレート、烈眼)
2.ヴィクトリア(アドヴェリタス、ゾラスヴィルク)
3.バルチャス(コンファイナー、暴牙剣)
4.トシュカル(天罰の結晶、魔王からの贈り物)
5.HRT8(天柱の結晶、凛煌眼)

※ラディーヌとヴィクトリアはマナを400まで振っています。

【1戦目】
1T目にトシュカルSS。
ヴィクトリアの雷を中に水を右にタゲ、他はノータゲで。

※稀に乱数の影響で1Tで倒し切れない時がありますが、その場合も以降の手順は同じです。
(その場合はクリアターンが7Tになります)
→1戦目が2T抜けになる場合は「HRT8」のチャージ開始して2戦目でチャージ解放します。

【2戦目】
1T目にヴィクトリアSS→HRT8チャージ開始。

ノータゲで。

【3戦目】
1T目にHRT8チャージ解放。

ノータゲで。

【4戦目】
ノータゲで。

【ボス戦】
1T目にバルチャスSS。
ヴィクトリアだけ中タゲで、他はノータゲで攻撃。

2T目にラディーヌの雷を右、水を左にタゲしてSSを使用。
その後に攻撃して終了。

※ボス戦では攻撃力アップパネルを踏むようにしてください。
魔法使いと黒猫のウィズ 漆式(17段)攻略
※配布のみのデッキ構成

【クリアターン】7ターン
【精霊】
1.クリスマスカルマン(雷単色攻撃300、インフローレ)
2.通常カルマン(煌眼、アドヴェリタス)
3.ディルクルム(武烈陣、看守帽)
4.魔道杯プティ(暴牙剣、からくり剣)
5.ちびレグル(花札、ストレイトジャケット)

【1戦目】
プティSS→ノータゲで攻撃。

【2戦目】
1T目は通常カルマンを中タゲ→他はノータゲで。
2T目は体力の多い敵に通常カルマンをタゲ、他はノータゲで。

【3戦目】
プティSS→ノータゲで攻撃。

【4戦目】
ディルクルムSS→クリスマスカルマンSS→レグルSS→ノータゲで攻撃。

【ボス戦】
プティSS→中に通常カルマンSS→ノータゲで2回攻撃。

TOPへ