■カムシーナ
14-1~4

↓攻略動画はコチラ↓



◆攻略ポイント
ステージ「14-1~4」攻略の要点
①推奨属性は水。
②火属性以外の敵も出るので、全属性に打点の出せるデッキ構成が望ましい。
③1~4戦目は「注意!」マークの付いた敵を1Tで倒す必要あり。
④10チェイン以上溜まる場合は、水属性以外の攻撃手段が必要。
⑤ボス戦では光闇属性吸収を使ってくるので、光闇属性の攻撃手段は避けておきたい。
「ボス戦」
魔法使いと黒猫のウィズ カムシーナ 14-1~4攻略 魔法使いと黒猫のウィズ カムシーナ 14-1~4攻略
魔法使いと黒猫のウィズ カムシーナ 14-1~4攻略 魔法使いと黒猫のウィズ カムシーナ 14-1~4攻略
(ポイント)
「14-1」
●上2体は、他が1体倒れると雷属性に変化するうえに水属性ガードを使ってくるので倒しにくくなる。攻撃力も高くなりやっかいなので、できるだけ同時に先に倒したい。

●左下は、怒り前は毎ターン、怒り後は2Tおきにのろいを使ってくる。ステータスアップなどのサポート系スキルは効果が薄くなるので注意。

●右下は、怒り前は毎ターン、怒り後は2Tおきにスキルディスチャージ(-3)を使ってくる。必要なスキルを持つ精霊にはサルヴァトル結晶を付けるなどの対策が必要。

●中は、他が4体倒れるパネルリザーブで自傷パネルを生成する。攻撃力も高くなるので、怒らせる前に倒しておきたい。


「14-2」
●上2体は、他が1体倒れると雷属性に変化するうえに水属性ガードを使ってくるので倒しにくくなる。攻撃力も高くなりやっかいなので、できるだけ同時に先に倒したい。

●左下と右下は、他が2体倒れると火属性に変化し、反動攻撃を使ってくるうえに自身に水属性弱体化を使ってくれる。怒り後に火属性の攻撃で一気に大ダメージを与えていきたい。

●中は、HPが半分以下になるとパネルリザーブで自傷パネルを生成する。2T周期でパネチェンできる精霊を起用しておくのが対策になる。 「14-3」
●左下と右下は、他が1体倒れると雷属性に変化するうえに水属性ガードを使ってくるので倒しにくくなる。攻撃力も高くなりやっかいなので、できるだけ同時に先に倒したい。

●中は、他が4体倒れると火属性に変化し、パネルリザーブで自傷パネルを生成する。2T周期でパネチェンできる精霊を起用しておくのが対策になる。


「14-4」
●上2体は、他が2体倒れると雷属性に変化するうえに水属性ガードを使ってくるので倒しにくくなる。攻撃力も高くなりやっかいなので、できるだけ同時に先に倒したい。

●中は、HPが半分以下になるとパネルリザーブで自傷パネルを生成する。2T周期でパネチェンできる精霊を起用しておくのが対策になる。

◆攻略デッキ
魔法使いと黒猫のウィズ カムシーナ 14-1~4攻略
※14-1~2共通デッキ

配布精霊(非ガチャ産)のみでサブクエ3枚抜き
※「かんたんモード」使用で誤答回避可能です。

【クリアターン】
14-1:60ターン前後
14-2:45ターン前後
※「かんたんモード」使用の場合。

◆「14-1、14-2用デッキ」
【精霊】
1.時限アリエッタ(天邪鬼、剣聖眼)
2.スコラメア(サルヴァトル、水単色HP300)
3.魔道杯ピースメア(過ぎた夏の名残り、水単色HP300)
4.さくら&ケロちゃん(水単色攻撃300、水単色HP300)
5.カリュプスの腕(驚天水の結晶1、敵か味方か結晶)
助っ人→水単色潜在アップ持ち(800アップ)

※驚天水の結晶=サプラーディー(水)を結晶化したものです。
(14-1では必須です)

●精霊大結晶
・「エンテレケイア」
・「クーシー」
のどちらかが必要です。
「エンテレケイア」「クーシー」ともに
敵全体攻撃のほうを使用します。
(効果値はどれでも構いません)

※「エンテレケイア」ならば
「HPが100未満から100%に達成。」を使用します。

◆「14-1、14-2攻略手順」
【1戦目】
1T目にさくらSS→カリュプスの腕チャージ開始→アリエッタのみ右下タゲで他はノータゲで。

2T目に中にアリエッタSS→ここから中タゲで。
※パネル事故になりそうであればスコラメアSSを使用します。

9T目にカリュプスの腕チャージ解放。

【2~4戦目】
☆終始、左上のリザーブパネルは踏まないようにします。
※ピースメアSSでパネチェン直後やボス戦後半で効果が切れてからは踏んでも大丈夫です。

☆2戦目以降は基本的にスコラメアSSで変換した
3色パネルを踏むようにします。

「全パターン共通」
中タゲで。

1T目にアリエッタSS→スコラメアSS→ピースメアSS→精霊大結晶パネルを踏む。

4T目にスコラメアSS→ピースメアSS。
※チェイン補正を乗っけるためにも特殊パネルでチェイン溜めします。

●アリエッタは敵全員に「無に還す」を設置するまで毎回SS2を使用します。
☆「注意点」
3体目を「無に還す」で倒す前に精霊大結晶のチャージが完了するように、
アリエッタSSを使うタイミングを調整します。
(4戦目は調整の必要はありません)

※カリュプスの腕のSSが溜まったらチャージします。

【ボス戦】
「14-1」
右下タゲで。

1T目にさくらSS→右下にアリエッタSS→スコラメアSS→ピースメアSS→カリュプスの腕チャージ解放→再チャージ→左上のパネルを踏む。
※2T目以降は左上の自傷パネルは踏まないようにします。

●アリエッタはSS1が溜まったら毎回右下に使用します。
※右下のHPがミリ残しぐらいになったら左下に使用していきます。

●スコラメアはSSが溜まり次第使用します。

●残滅大魔術の効果が切れたらカリュプスの腕のチャージを解放します。

「右下を倒したら」
・中→左下の順で倒していきます。

※精霊大結晶パネルは出現次第踏んでいきます。

「14-2」
左下タゲで。

1T目にさくらSS→右下にアリエッタSS→スコラメアSS→ピースメアSS→カリュプスの腕チャージ解放。
※この後も「スコラメアSS→ピースメアSS」は毎回セットで使用します。

2T目からは中にアリエッタSS。

※左下と右下の反動攻撃後にさくらSSを使用します。

左下と右下を倒したら中を攻撃していきます。

「中の怒り後」
●パネチェンをしたら、
右下のパネルリザーブ効果のある3枚のパネルから踏みます。
(自傷パネルを踏む場合はさくらSSで回復をしてから)
→次のターンで左上のパネルを踏みます。

●怒り後はアリエッタSSを使う必要はありません。
魔法使いと黒猫のウィズ カムシーナ 14-1~4攻略
※14-3~4共通デッキ

配布精霊(非ガチャ産)のみでサブクエ3枚抜き
※「かんたんモード」使用で誤答回避可能です。

【クリアターン】
14-3:70ターン前後~
14-4:60ターン前後~
※「かんたんモード」使用の場合。

◆「14-3、14-4共通デッキ」
【精霊】
1.カリュプスの腕(敵か味方か結晶、残滅大魔術100)
2.プラチナインゴットソフィ(水単色HP300)
3.さくら&ケロちゃん(水単色攻撃300、水単色HP300)
4.スコラメア(サルヴァトル、水単色HP300)
5.魔道杯ピースメア(過ぎた夏の名残り、剣聖眼)
助っ人→水単色潜在アップ持ち(800アップ)

●精霊大結晶
・「エンテレケイア」
・「クーシー」
のどちらかが必要です。
「エンテレケイア」「クーシー」ともに
敵全体攻撃のほうを使用します。
(効果値はどれでも構いません)

※「エンテレケイア」ならば
「HPが100未満から100%に達成。」を使用します。

◆「14-3、14-4攻略手順」
【1戦目】
1T目にさくらSS→カリュプスの腕チャージ開始→ノータゲで。

2T目に右下タゲで。
※パネル事故になりそうであればスコラメアSSを使用します。

この後は、
精霊大結晶がチャージするタイミングに合うように
カリュプスの腕のチャージを解放します。
※精霊大結晶のチャージ条件によって使うタイミングは異なります。
※カリュプスの腕のチャージ解放してから4Tぐらいで敵が倒れます。

【2~4戦目】
ノータゲで。

1T目に精霊大結晶パネルを踏む。

●ピースメアSSが溜まったら
「スコラメアSS→ピースメアSS」のセットで使用します。
※敵3体に「無に還す」を設置するまで。

※さくらのSS2が溜まったら使用します。

※カリュプスの腕のSSが溜まったらチャージを開始します。

【ボス戦】
「14-3」
中タゲで。

1T目にさくらSS→スコラメアSS→ピースメアSS→カリュプスの腕チャージ解放→再チャージ。
※今後も「スコラメアSS→ピースメアSS」はセットで毎回使用します。

●左下と右下が怒り状態になったらソフィSS。

この後は、
鉄壁解除後に「スコラメアSS→ピースメアSS」を使用し、
1回解答した後に再度ソフィSSを使用します。
(これを繰り返します)

※体力が少なくなったらさくらSSで回復します。

※カリュプスの腕のチャージが完了したら鉄壁解除後に解放します。


「14-4」
中タゲで。

1T目にさくらSS→スコラメアSS→ピースメアSS→カリュプスの腕チャージ解放→再チャージ。
※今後も「スコラメアSS→ピースメアSS」はセットで毎回使用します。

※体力が少なくなったらさくらSSで回復します。

※カリュプスの腕のチャージが完了したら解放します。

●中が怒り状態になったらソフィSS。

この後は鉄壁解除後に「スコラメアSS→ピースメアSS」を使用し、
1回解答した後に再度ソフィSSを使用します。
(これを繰り返します)

TOPへ