■クルイサ
シークレット

↓攻略動画はコチラ↓





◆攻略ポイント
ステージ「シークレット」攻略の要点
①毎回必ず3色の連結パネルが登場する。周期の遅いSSスキルでも問題なし。
②敵の攻撃は強力。「ステータスアップ、軽減、鉄壁」などのサポートスキルは必須。
③光や闇属性の敵が多いので、全属性に打点の出せるデッキ構成が望ましい。
④道中やボス戦でスキル反射が無いケースも多いので「遅延」が非常に効果的。
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略 魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略 魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
(ポイント)
「1戦目」
●1T目に、右上は属性反転を、左上は回復反転を使ってくる。複属性デッキならば右上から、単色デッキなら左上から攻撃していくのがベスト。


「2戦目」
●特にやっかいな行動はしてこないが、5体の攻撃を受けると約6000ダメージなので、ステータスアップや軽減などで対処しよう。


「3戦目」
●先制で中が「のろい(全効果解除&HP-1万/全体10T)」を使ってくる。これによって味方のHPが1万以下の精霊は「1」となってしまうので、のろいの効果が切れるまでは遅延や鉄壁などで凌ぎたい。

●敵の攻撃はMAXでも300前後なので、ダメブロで防ぐ手も有効である。

●中は、死亡時行動で防御貫通攻撃(1000)を使ってくる。のろいを受けた状態だと全滅の可能性があるので、中を倒すのはのろいの効果が切れた後か、起死回生を使って全滅を回避する方法も有効。


「4戦目」
●中が全体に多層バリア(30)を貼ってくる。デッキには連撃スキル持ちの精霊を入れておきたい。

●敵の攻撃は200以下の連撃なので、「凛眼」などのダメブロで防ぐ手も有効。

●中は、死亡時行動で防御貫通攻撃(2000)を使ってくる。のろいの効果が残っている間は倒すのは控えよう。
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略 魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略 魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
(ポイント)
「5~7戦目」
●5~7戦目は、中の属性が違うだけで基本的な敵の構成は同じ。

●中は、他が1体倒れると防御貫通攻撃(2000)を使ってくる。その後は攻撃力が倍になるので、敵の属性に対して自分のデッキが不利属性の場合には、中から倒したほうが全滅のリスクを抑えられる。

●中以外の4体は、他が1体倒れるとステータスアップ(HP+500万)を使ってくる。クリアターンを短縮したいならば、周りの体力を少しづつ削ってから全体SS攻撃などでまとめて倒す方法が早い。


「8戦目」
●下の3体は他が1体倒れると、ステータスアップ(HP+500万)し、それぞれ「左=水属性」「中=火属性」「右=雷属性」に変化してから、攻撃力も倍(自分のデッキに対して、不利属性ならば更に3倍、同属性なら更に2倍)になる。自分のデッキが不利属性になる敵から先に倒せば、全滅のリスクを最小限に抑えられる

●左上は、2Tおきにスキルディスチャージを使ってくる。毎回使いたいSSスキルがある場合には、その精霊に「サルヴァトル結晶」を付けておくのが良い。

●右上は、2Tおきにチェイン解除を使ってくるが、その他の敵のほうが脅威なので、倒すのは最後でも問題なし。
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略 魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
(ポイント)
「9戦目」
●下の3体は他が1体倒れると、防御貫通攻撃を使ってくる。その後の行動も防御貫通攻撃に変わり、3体から受けるダメージは相当なものになるので、怒り前にできるだけ下3体の体力を均等に削って置き、自分のデッキに対して不利属性の敵から先に倒していくのがベスト。


「10戦目」
●宝箱の敵は、倒すとスキルチャージ(+10)をしてくれる。

●5体全ての敵の体力は低いので、通常攻撃で難なく倒すことができる。
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
※番号はオススメの倒す順番
(ポイント)
●先制で、左上が割合攻撃(99%)を、右上が「恐怖」を使ってくる。「恐怖」はHP30%以下でSPスキル封印を受けてしまう。敵の行動まで1Tの猶予があるので、確実に解答し体力を回復しておこう。

●左下は、2T後に怒り状態になり多弾式カウンターを貼ってくる。ASが連撃スキル持ちの精霊のタゲは外しておこう。また、その後の攻撃が亡者の怨念なので、右上を先に倒したら、2番目に左下を倒すほうがダメージを負うリスクが少なくなる。

●右下は、2T後に怒り状態になり「のろい(効果解除)」を使ってくる。サポート系スキルは3T目に使うのが良い。

●左上は、他が1体倒れると全体に多層バリア(10)を貼ってくる。防御貫通攻撃を使ってくるのでやっかいだが、左上と右下は倒すのは後回しでも問題なし。

●中は、HPが半分以下になると怒り状態になり、先制で割合攻撃(50%)と殲滅大魔術(3000×30T以上)を使ってくる。周りと攻撃が重なると全滅のリスクが高いので、中を攻撃するのは最後のほうが無難。


「中の怒り後」
●全体に約2000×5連撃や全体に2万の即死級の攻撃と防御貫通攻撃(約5000)を使ってくる。殲滅大魔術のダメージも重なるので「軽減や鉄壁」などでうまく回避したい。スキル反射が無いので「遅延」も非常に有効な手段となる。

●その他、鉄壁(2T)や回復(5%)なども使ってくる。

◆攻略デッキ
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
※雷属性デッキ

配布精霊(非ガチャ産)のみ

【ターン】140ターン前後
【精霊】
1.ちびエニィ(剣聖眼、サルヴァトル)
2.インゴットソフィ(雷単色HP300、流浪の結晶)
3.ケイトリン(雷単色HP300、流浪の結晶)
4.ピースメア(流浪の結晶×2)
5.ガレオーネ(天邪鬼、流浪の結晶)
助っ人→雷単色潜在アップ持ち。

【1戦目】
左上→ノータゲの順で。
2T目にエニィSS。

※ガレオーネSSが溜まったら使用する。

【2戦目】
ノータゲで。

1T目にケイトリンSS→ガレオーネSS。
※毎回ガレオーネSSを使用。

※クリア前にエニィSS。
※クリア時はガレオーネSSが溜まった状態で。

●↓3戦目以降のエニィのタゲは「無に帰す」設置のためです。
(以下は誤答無しの場合のタゲの順番です)

【3戦目】
※「無に帰す」を左上→左下の順に設置。

1T目にケイトリンSS→右上にガレオーネSS。
エニィは左上、他は右上タゲ。

2T目にエニィSS→右上にガレオーネSS。
左上にタゲ。

3T目にソフィSS。
左下にタゲしておく。

鉄壁が解けたらソフィSS。
鉄壁が解けたらエニィSS→攻撃。

【4戦目】
※「無に帰す」を左上→左下の順に設置。

1T目にケイトリンSS→右上にガレオーネSS。
エニィは左上、他は右上タゲで。

2T目にエニィSS→右上にガレオーネSS。
右上タゲで。

3T目に右上にガレオーネSS。
エニィは左下、他は右下タゲで。

4T目に右下にガレオーネSS。
右下タゲで。
※毎回ガレオーネSSを右下に使う。

右下が倒れたら中タゲで。
※この後は中にガレオーネSS。

※クリア前にエニィSS。

【5~7戦目】
※「無に帰す」を中→左下→右下→左上の順に設置。

1T目は中タゲで。

2T目にエニィSS2。
エニィは左下、他は中タゲで。

4T目にエニィSS2。
エニィは右下、他は中タゲで。

6T目にエニィSS2。
エニィは左上、他は中タゲで。

左上に「無に帰す」を設置後、中タゲで。

中を倒したら、
1T目にケイトリンSS→右上にガレオーネSS。
エニィは左上、他は右上にタゲで。
※ガレオーネSSは毎回右上に使う。

※クリア前にエニィSS。

【8戦目】
※「無に帰す」を中→右下→左下→右上の順に設置。

1T目にピースメアチャージ。
中タゲ。

2T目にエニィSS2。
右下にタゲ。

4T目にエニィSS2→ピースメアSS。
左下にタゲ。

6T目にエニィSS2。
エニィは右上、他は左上にタゲで。

※右上に「無に帰す」を設置後、左上タゲで。

※クリア前にエニィSS。

【9戦目】
※「無に帰す」を中→左下→右下→右上の順に設置。

1T目にピースメアチャージ。
中タゲ。

2T目にエニィSS2→ピースメアSS。
左下にタゲ。

4T目にエニィSS2→ピースメアチャージ。
右下にタゲ。

6T目にエニィSS2。
エニィは右上、他は左上にタゲで。

※右上に「無に帰す」設置後、左上タゲで。

7T目にピースメアSS。

【10戦目】
1T目にピースメアチャージ。
ノータゲで。

【ボス戦】
※「無に帰す」を左上→右下の順に設置。

右上にタゲで。

2T目にケイトリンSS→右上にガレオーネSS。
3T目にエニィSS→右上にガレオーネSS。

4T目に右上にガレオーネSS。
エニィは左上、他は左下にタゲで。

5T目にエニィSS→左下にガレオーネSS。
エニィは右下、他は左下にタゲで。
※ガレオーネSSを毎回左下に。
※遅延が切れたらケイトリンSS。

左下を倒したら中タゲ。
※ガレオーネSSは毎回使用。
※怒りまではケイトリンSSは使いません。

中のHPが半分近くになったらガレオーネSSで怒らせるように調整。
(通常攻撃で怒らせると、殲滅大魔術で落ちます)

「中が怒り後」
①1T目にピースメアSS→ソフィSS。
②5T目にケイトリンSS→ピースメアチャージ。
③6T目にピースメアSS。
③8T目にケイトリンSS。
④11T目にケイトリンSS。
⑤14T目にケイトリンSS。
⑥16T目にソフィSS。

※毎回ガレオーネSSを使用。
※攻撃力アップ効果が切れたらエニィSS2。

⑥までいったら②~⑤の順で繰り返す。
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
※火属性デッキ

配布精霊(非ガチャ産)のみ

【クリアターン】120ターン前後
【精霊】
1.エソラゴト(剣聖眼、サルヴァトル)
2.ガレオーネ(流浪の結晶×2)
3.プラメンチッツァ(流浪の結晶、過ぎた夏の名残り)
4.オルタメア(流浪の結晶×2)
5.凱旋のドルキマス(HP300、天邪鬼)
助っ人→適当に

※ドルキマスはマナを399まで振っています。

●「以下、全戦共通で」
・体力少なくなったらガレオーネSSで回復。
・ドルキマスの攻撃力アップ効果が切れたらSSを使用する。

※エソラゴトのタゲは「無に帰す」設置のためです。
(以下は、誤答無しの場合のターン数表記になります)

【1戦目】
左上タゲで。

2T目にドルキマスSS。
3T目にオルタメアSS。

鉄壁が切れたらガレオーネSS→ドルキマスSS。
あとはノータゲで。

【2戦目】
ノータゲで。

1T目にガレオーネSS。

【3戦目】
※エソラゴトSSは適当に撃ってOKです。

1T目にエソラゴトSS→オルタメアSS。
右上にタゲ。

鉄壁が解けたらエソラゴトSS→オルタメアSS。
左上にタゲ。

2回目の鉄壁が解けたら→オルタメアSS。

3回目の鉄壁が解けたらガレオーネSS→ドルキマスSS。
ノータゲで攻撃。

【4戦目】
※エソラゴトSSは適当に撃ってOKです。

1T目にエソラゴトSS。
エソラゴトだけ左上にタゲ、他は右上にタゲ。

2T目にエソラゴトSS。
エソラゴトだけ左下にタゲ、他は右上にタゲ。

3T目にエソラゴトSS。
エソラゴトだけ中にタゲ、他は右上にタゲ。

右上を倒したら右下にタゲで。

【5~7戦目】
中を倒すまでは中タゲで。

1T目から毎回エソラゴトSSを使用。
※「無に帰す」を設置していきます。

●中を倒したら
→残っている敵に「無に帰す」を設置する。
まだ設置していない敵はエソラゴトSSも使いながら優先して攻撃。

【8戦目】
※敵を先走って倒さないように、8戦目はドルキマスSSは使用しません。
(7戦目から引き継いだ場合は効果が切れても使用しないようにします)

毎ターン、エソラゴトSSを使いながら
「左下→中→右下→左上→右上」
の順にタゲしていく。

左下が「無に帰す」で倒れたら、左上→右上の順で倒す。

【9戦目】
※毎回ガレオーネSSで回復が必要です。

1T目にドルキマスSS→右下にエソラゴトSS。
エソラゴトだけ中にタゲ、他は右下にタゲ。

2T目に右下にエソラゴトSS。
エソラゴトだけ左下にタゲ、他は右下にタゲ。

3と4T目は右下にエソラゴトSS。
右下タゲで。

5T目に右下にエソラゴトSS。
中タゲで。

6T目に右下にエソラゴトSS→プラメンチッツァSS→右下タゲで。

ここからは左上→右上の順で。

【10戦目】
ノータゲで。

【ボス戦】
1T目は左下タゲで。

2T目にガレオーネSS→中にエソラゴトSS。
エソラゴトだけ左上、他は左下タゲで。

3T目にガレオーネSS→中にエソラゴトSS→ドルキマスSS。
エソラゴトだけ右上、他は中タゲで。

※ここからは、中を怒らせるまではガレオーネSS2は使いません。
(起死回生を発動させたいのでHP管理の為です)

4T目に中にエソラゴトSS。
エソラゴトだけ右下、他は中タゲで。

ここからは全員中タゲで。

※左上の「無に帰す」が残り1になったら、左下を攻撃して倒す。

左下を倒したら中タゲで。

右下が「無に帰す」で倒れたら、中のHPが半分手前になるまで毎回エソラゴトSSを使う。

中のHPが半分手前ぐらいになったらプラメンチッツァSS。
あとは通常攻撃で中を怒らせます。


「中怒り後」
①1T目にエソラゴトSS→ガレオーネSS→オルタメアSS。
②鉄壁が解けたらエソラゴトSS→ガレオーネSS→プラメンチッツァSS→ドルキマスSS。
③エソラゴトSS→ガレオーネSS。
④エソラゴトSS→ガレオーネSS→オルタメアSS。
⑤鉄壁が解けたらエソラゴトSS→プラメンチッツァSS→ドルキマスSS。
⑥エソラゴトSS→ガレオーネSS。
⑦エソラゴトSS→ガレオーネSS。
⑧エソラゴトSS→ガレオーネSS→オルタメアSS。

あとは⑤~⑧の繰り返しです。
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
※水属性デッキ①

配布精霊(非ガチャ産)のみ

【クリアターン】170ターン前後
【精霊】
1.時限アリエッタ(剣聖眼、聖夜のプレゼント)
2.水闇チェルシー(流浪の結晶×2)
3.ウルディラ(流浪の結晶×2)
4.ニヴァナ(HP300、サルヴァトル)
5.サフィナ(福音の結晶、流浪の結晶)
助っ人→水単色潜在アップ持ち(できれば800アップ)。

※アリエッタとニヴァナはマナを400まで振っています。

【1戦目】
左上→右上→ノータゲの順で。

1T目にサフィナSS。
2T目にニヴァナSS。
3T目にチェルシーSS。

【2戦目】
1T目にチェルシーSS→中にアリエッタSS。
アリエッタのみ左下、他は左上タゲで。

あとは、左上→右上→右下→中の順で。

4T目にニヴァナSS。

【3戦目】
1T目にチェルシーSS→ウルディラSS。
アリエッタのみ中タゲで、他は右上タゲで。

2T目はアリエッタのみ左下タゲ他は右上タゲで。
3T目はアリエッタのみ右下タゲ他は右上タゲで。
4T目にウルディラSS→右上タゲで。
5T目にチェルシーSS。

【4戦目】
1T目にチェルシーSS→右上にアリエッタSS。
アリエッタのみ左上、他は右上にタゲで。

2T目に右上にアリエッタSS。
アリエッタのみ左下、他は右上にタゲで。

3T目にアリエッタSS(適当に)。
アリエッタのみ右下、他は右上にタゲで。

4T目にアリエッタSS(適当に)→ニヴァナSS→サフィナSS。
アリエッタのみ中、他は右上にタゲで。

あとは右上タゲ→ノータゲの順で。

※4戦目以降もニヴァナとサフィナはSS2をループさせる。

【5~7戦目】
中タゲで。

1T目に中にアリエッタSS。
※この後も、5体に「無に帰す」を設置するまで毎回アリエッタSSを使用する。

設置したら、あとはノータゲで。

【8戦目】
※ニヴァナは毎回SS2を使用する。

1T目に左上にアリエッタSS。
アリエッタは右下、他は左上にタゲ。

2T目に左上にアリエッタSS。
アリエッタは左下、他は左上にタゲ。

4T目に右上にアリエッタSS。
アリエッタは中、他は左上にタゲ。

6T目に右上にアリエッタSS。

ここからは左上→右上の順で。

※サフィナSS2が溜まり次第使用する。

※9戦目以降もニヴァナとサフィナはSS2をループさせる。

【9戦目】
右下タゲで。

右下のHPが残り1/4ぐらいまで減ったら→右下にアリエッタSS。
このあと、アリエッタのみ左下、他は右下にタゲ。

次のターンに左上にアリエッタSS。
アリエッタのみ中、他は右下にタゲ。

次のターンに左上にアリエッタSS。
アリエッタのみ右上、他は右下にタゲ。

次のターンから全員右下にタゲ。

右下がミリ残しぐらいまで減ったら左上にタゲを変更。
(右下を倒してしまわないように注意してください)

あとは左上→右上の順で。

【10戦目】
ノータゲで。

【ボス戦】
1T目は右上にタゲで。

2T目にチェルシーSS→中にアリエッタSS。
アリエッタだけ右上、他は中にタゲ。

3T目に中にアリエッタSS。
アリエッタだけ左下、他は中にタゲ。

4T目に中にアリエッタSS。
アリエッタだけ左上、他は中にタゲ。

4T目に中にアリエッタSS。
アリエッタだけ右下、他は中にタゲ。

この後は中タゲで。
※毎回中にアリエッタSS。(常に上限の5個まで)

「中が怒り後」
1T目にチェルシーSS。
※遅延が切れたら毎回チェルシーSSを使用する。

●「2回目の連撃の後」と「1回目の防御貫通攻撃の後」の遅延が切れる前にウルディラSS。
※防御貫通攻撃で落ちるのを防ぐためです。

あとは軽減を切らさないようにしながら、
毎回アリエッタSSを使用していくだけです。
魔法使いと黒猫のウィズ クルイサ シークレット攻略
※水属性デッキ②

配布精霊(非ガチャ産)のみ
※魔道杯報酬未使用

【クリアターン】210ターン前後
【精霊】
1.プラチナインゴットソフィ(流浪の結晶、サルヴァトル)
2.水闇チェルシー(流浪の結晶×2)
3.ナミル(流浪の結晶、煌眼)
4.サフィナ(福音の結晶、流浪の結晶)
5.時限アリエッタ(天邪鬼、剣聖眼)
助っ人→水単色潜在アップ持ち推奨

【1戦目】
左上→ノータゲの順で。

3T目にチェルシーSS→ナミルSS。

※ナミルSS2が溜まったら使用します。

【2戦目】
ノータゲで。

1T目にチェルシーSS。

【3戦目】
1T目にチェルシーSS→ナミルSS→→右下にアリエッタSS。
右上にタゲで。

2T目に左下にアリエッタSS。
左上にタゲで。

3T目にソフィSS。

鉄壁が切れたらソフィSS。

2回目の鉄壁が切れたらナミルSS→攻撃。

【4戦目】
1T目にチェルシーSS→アリエッタSS。
右上にタゲで。

この後は毎回アリエッタSS2を使用し、
タゲを左上→左下→右下→中の順にしながら「無に帰す」を設置します。

4T目にサフィナSS。
5T目にチェルシーSS。

【5~7戦目】
中タゲで。

1T目にサフィナSS→アリエッタSS。
※今後もサフィナはSS2を使用して軽減をループさせます。

アリエッタSSは敵全員に「無に帰す」を設置するまで毎回使用します。
※タゲは中のままで大丈夫です。

【8戦目】
1T目に左上にアリエッタSS。
アリエッタだけ右下にタゲ、他は左上にタゲで。

2T目に左上にアリエッタSS。
アリエッタだけ左下にタゲ、他は左上にタゲで。

4T目に右上にアリエッタSS。
アリエッタだけ中にタゲ、他は左上にタゲで。

5T目にソフィSS。

鉄壁が解けたら左上→右上の順で倒します。
※サフィナSSも使用します。

【9戦目】
1T目にナミルSS。
右下タゲで。

※ナミルSS2が溜まったら毎回使用します。
※サフィナはSS2を使用して軽減をループさせます。

右下が2ミリ残しぐらいになったら右下にアリエッタSSを使用する。
左下タゲで。

この後は毎回アリエッタSSを使用しながら
中→左上→右上の順で「無に帰す」を設置していきます。
※「無に帰す」設置が終わったら中タゲで。

【10戦目】
※もしもサフィナの精霊強化が切れていたら1T目にサフィナSSを使用。

ノータゲで。

【ボス戦】
1T目は右上タゲで。

2T目にチェルシーSS→中にアリエッタSS。
右上タゲで。

3T目にナミルSS。
※ナミルSS2が溜まり次第再度使用します。

この後は毎回中にアリエッタSSを使用し、
「左下→左上→右下」の順で「無に帰す」を設置していきます。

遅延が切れる前にサフィナSSを使用。
※この後もサフィナはSS2を使用して軽減をループさせます。

敵5体に掛かっている遅延が全て切れたら再度チェルシーSSを使用。
※中だけになったら遅延は使いません。

敵5体に「無に帰す」を設置したら中タゲで。

このあともアリエッタSSは毎回中に使用します。
※時限を常に上限の5個設置しておきます。

「中怒り後」
①1T目にチェルシーSS。
②4T目にソフィSS。
③鉄壁が切れたらチェルシーSS。
④遅延が切れたら毎回チェルシーSS。
⑤敵の鉄壁防御後に掛けた遅延が切れる直前にソフィSS。

あとは③~⑤の繰り返し。

※敵の怒り後もアリエッタとサフィナのSSは毎回使用します。
(上記では省略しています)

TOPへ